• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

B細胞性急性リンパ芽球性白血病びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療薬。患者の血液から取り出したT細胞に、がん細胞を攻撃する力を高める遺伝子を組み込み、患者の体内に戻す、CAR-T細胞療法という免疫細胞療法に用いられる。一般名はチサゲンレクロイセル。

出典:gooニュース