• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Masjed-e Kabūd》イラン北西部の都市タブリーズの市街中心部にあるイスラム寺院。15世紀半ば、カラクユンル朝(黒羊朝)のスルターン、ジャハーン=シャーの時代に建造。内部は青を基調とするタイルで装飾され、「ブルーモスク」とも呼ばれる。カブードモスク。マスジェデキャブード。マスジェデカブード。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉