• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

強磁性体反磁性体キュリー温度以上の温度Tcにおける磁化率についての法則。磁化率χと絶対温度Tは、χ=C/(T-θ)という関係式で表される。Cはキュリー定数とよばれる物質に固有の定数、θは常磁性キュリー温度であり、通常Tcよりわずかに高い。1907年にP=ワイスが理論的に導出し、P=キュリーが実験から得た磁化率の温度変化を説明することに成功した。またキュリー温度以下ではキュリーの法則が成り立つ。