• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

室町末期から江戸初期にかけて、キリシタンの宣教師などにより、日本語で著述・翻訳された宗教文学、および宣教用・語学用の書物。「伊曽保物語」「日葡 (にっぽ) 辞書」など。南蛮 (なんばん) 文学。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉