• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近世初期、イエズス会が主として九州地方で刊行した活字本の総称。バリニャーノが天正18年(1590)に活字印刷機を伝えてから刊行。欧文本・ローマ字本・邦文本・欧和混用本がある。「ドチリナキリシタン」「伊曽保物語」「日葡 (にっぽ) 辞書」など。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉