中央アジア南東部の国。正称、キルギス共和国。首都ビシュケク天山山脈の北西麓を占める。1991年ソ連邦解体に伴い独立、キルギスタン共和国に改名。1993年現名称とする。牧畜や綿花栽培が盛ん。アンチモン水銀石炭などを産する。人口551万(2010)。
古来、モンゴル高原のエニセイ川上流域に拠ったトルコ系遊牧民族。漢代から部族国家を形成。14世紀ごろから天山山脈北西に移動。18世紀以降、清朝、ロシアの支配下に入り、1936年、ソ連邦内で社会主義共和国を構成した。黠戛斯 (かつかつし) 。堅昆 (けんこん) 。乞児吉思。

出典:青空文庫