• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Maison Guiette》ベルギー北部の都市アントウェルペンにある邸宅。1926年から1927年にかけて、ル=コルビュジェの設計によって建造。3階建ての白い外観の住宅であり、1922年に構想した「シトロアン住宅」(フランスの大衆車シトロエンに由来)とよばれる安価で大量生産が可能な箱型住宅に近い。2016年に「ル=コルビュジェの建築作品」の7か国17施設の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。