• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Kvarken Archipelago》フィンランド西部、ボスニア湾にある群島。約5600もの小島からなり、広さは約1940平方キロメートル。氷河期にできた巨大な氷床が溶けて圧力が軽減した反動で、地面が隆起し続けている。2006年、同じ現象が見られるスウェーデンのハイコーストの登録範囲が拡大された際、「クバルケン群島/ハイコースト」として世界遺産(自然遺産)に登録された。

[地理/外国地名/北ヨーロッパ]カテゴリの言葉