• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

抗体産生を担うB細胞が、抗原などの刺激によって、複数の異なる種類(クラス)の免疫グロブリン抗体として機能するたんぱく質)を合成するようになること。クラス転換。→体細胞高頻度突然変異

[補説]抗原結合して活性化したB細胞増殖し、IgMIgD型の免疫グロブリンを分泌するが、抗原刺激ヘルパーT細胞放出するサイトカイン作用によって、IgGIgAIgE型の抗体産生するようになる。このクラススイッチでは、抗体免疫細胞補体結合する定常領域が変化し、抗原結合する可変領域は変化しない。これによって、特定抗原に対して異なる機能をもつ抗体産生され、抗原をより効率的に排除できるようになる。
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月