生体内、特に筋肉中に、主にクレアチン燐酸 (りんさん) の形で多く含まれ、筋収縮のためのエネルギー貯蔵の役割をする物質。筋肉が運動すると分解し、エネルギーを供給する。メチルグリコシアミン。

[補説]腎臓アルギニングリシンから作られるグアニジノ酢酸(グリコシアミン)が肝臓に運ばれ、活性メチオニンメチル基が転移して合成される。