• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ウクライナ中南部、キロボフラード州の都市。同州の州都。イングル川上流に位置する。豊かな黒土地帯に位置し、農産物の集散地として発展。

[補説]18世紀にロシア帝国に併合された際、聖エリザベータ要塞が築かれたことからエリザベートグラードとよばれた。旧ソ連時代には、共産党の指導者ジノビエフにちなみジノビエフスクとよばれ、その後、共産党幹部キーロフを記念してキロボグラードに改称。ソ連解体後はウクライナ語に改めキロボフラードと称した。2016年より、劇作家クロピウニーツキーにちなみ現名称となる。