• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いくつかの点(ノード)と、これらを結ぶ線分(エッジ)からなる図形の、位相幾何学的性質を解析する数学理論。歴史的には18世紀、レオンハルト=オイラーの「ケーニヒスベルクの橋」という、七つの橋を1回ずつ渡って出発点に戻る道筋を考える問題に始まる。電気回路・交通問題・パズルなどに応用。

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉