Gloucester Cathedral》英国イングランド南西部、グロスターシャー州の都市グロスターにある大聖堂。7世紀創建のセントピーター修道院に起源する。11世紀から15世紀にかけて建造され、ロマネスク様式、ノルマン様式が混在する。16世紀の修道院解散令により大聖堂となった。13世紀にヘンリー3世の戴冠式が行われ、14世紀にエドワード2世が埋葬された。回廊のファンボールト(扇形天井)とステンドグラスの美しさで知られる。