• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地震の規模と発生頻度の間に見られる経験則。ある地域において、ある期間に発生するマグニチュードM以上の地震の回数をnとすると、比例定数a、bを用いて、log10nは=a-bMという関係式で表されるというもの。マグニチュードが1大きくなると地震の発生頻度は約10分の1になることを示す。1941年、ドイツの地震学者グーテンベルクと米国のリヒターが提唱。グーテンベルクリヒターの式。グーテンベルクリヒターの関係。

[補説]比例定数bはb値とよばれ、ふつう1に近い値を取るが、大地震の発生に先立って、b値が低下し、地殻に応力が溜まっていることを示していると考えられている。

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉