《「ケイラス」とも》細胞の増殖に関与する遺伝子の一つ。EGFR(上皮成長因子受容体)が出す細胞増殖のシグナルを受け取り核に伝達する。変異したKRAS遺伝子は、EGFRからのシグナルがなくても、常に細胞増殖のシグナルを出し続ける。膵臓癌 (すいぞうがん) ・肺癌 (はいがん) ・直腸癌 (ちょくちょうがん) などでKRAS遺伝子の変異が多くみられる。正式名称はv-Ki-ras2 Kirsten rat sarcoma viral oncogene homolog(カーステンラット肉腫ウイルス癌遺伝子ホモログ)。

[補説]患者のKRAS遺伝子に異常がある場合、EGFRからのシグナル伝達を阻害するセツキシマブなどの薬剤を投与しても、下流のKRAS遺伝子から細胞増殖のシグナルが出続け、腫瘍細胞の増殖を抑制できないため、効果は期待できない。