• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

スーダン北部、首都ハルツームの北約400キロメートルにある砂岩の山。紀元前1450年ごろ、古代エジプト新王国第18王朝のトトメス3世がこの地を征服、領土の南限とし、都市ナパタを建設。神殿・宮殿・墓所などの遺構がある。2003年「ゲベルバルカルとナパタ地域の遺跡群」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。ジェベルバルカル。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉