Praça do Comércio》ポルトガルの首都リスボンの中央部にある広場。バイシャポンバリーナ地区にあり、テジョ川に面する。マヌエル1世が建てたリベイラ宮殿があったため、テレイロ‐ド‐パソ(宮殿広場)とも呼ばれる。1755年の大地震により宮殿は周囲の貿易関係の建物とともに破壊され、ポルトガル王ジョゼ1世の宰相ポンバル侯爵により広場として整備された。中央に彫刻家ジョアキン=マシャド=デ=カステロによるジョゼ1世の騎馬像がある。