• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Parc national de la Comoéコートジボワール北東部、コモエ川流域に広がる西アフリカ最大の国立公園。1968年に制定。アフリカゾウライオンイボイノシシなどが生息する。1983年、世界遺産(自然遺産)に登録されたが、ゾウの密猟や大規模な牧畜、公園の管理の欠如などを理由に、2003年から2017年まで危機遺産リストにも登録された。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉