メキシコ南西部、コリマ州の都市。同州の州都。活発な噴火活動で知られるコリマ山の南西麓に位置する。19世紀末建造の新古典主義様式のコリマ大聖堂や市庁舎など、植民地時代の建造物が残る。周辺は農業地帯が広がり、綿花、サトウキビ、タバコを産する。