《「コロラチュラ」とも》声楽で、トリルなどの技巧的な装飾に富む華やかな旋律。18~19世紀のオペラのアリアなどに好んで用いられた。