• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

彫刻などで、からだの重心を左右どちらかの足にかけて、左右非対称の均衡美を表現するもの。