• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Château de Compiègne》フランス北部、オワーズ県の都市、コンピエーニュにある宮殿。メロビング朝の宮廷があった場所にルイ15世が宮殿を建造、18世紀末にナポレオン1世が改築し、現在見られる新古典主義様式の建物になった。宮殿内には第二帝政博物館と交通博物館がある。コンピエーニュ城。