• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

リビアの北西部、地中海沿岸にある都市遺跡。紀元前9世紀ごろ、フェニキア人によって建設され、地中海とアフリカ内陸部との交易中継地として栄えた。のちローマの属州となる。神殿・広場・浴場・大理石の円形劇場など多くの遺構が残る。1982年「サブラータの古代遺跡」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。2016年、政情不安により危機遺産に登録。サブラタ。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉