フィンランド南東部の湖水地方にある観光保養地。大サイマー湖水系の中心にあり、古くから湖上交通の要衝として発展。スウェーデン統治時代の1475年に、対ロシアの防衛目的で建設されたオラビ城があり、世界的に有名なオペラフェスティバルが夏に催されることで知られる。