• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

El Fuerte de Samaipata》ボリビア中南部の村、サマイパタにある古代遺跡。サンタクルスの南西約90キロメートル、アンデス山脈東麓に位置する。赤い砂岩からなる砦 (とりで) に似た巨石建造物があり、人・ジャガー・レア(アメリカダチョウ)の浮き彫りや、階段などが残っている。先インカ期の宗教遺跡と考えられているが、時期や民族は特定されていない。1998年に世界遺産(文化遺産)に登録された。