• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎮静・催眠薬の一種。1957年に西ドイツで開発。妊娠初期に服用するとあざらし肢症奇形児の出産が多くなることが明らかになり、各国製造販売禁止された。

[補説]日本での発売開始は昭和33年(1958)、昭和37年(1962)に出荷・発売停止、回収となった。その後、血液癌 (がん) の一種、多発性骨髄腫薬効があるところから、平成20年(2008)10月に厚生労働省が製造発売を再承認。ハンセン病にも効果があるとされるが、その仕組みは不明
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月