クロアチア南部、アドリア海に面する都市スプリトの近郊にある都市遺跡。現名称はソリン。イリュリア人が築いた町に起源し、古代ローマ時代は属州ダルマチアの首都が置かれた。7世紀に異民族の攻撃を受けて破壊された。現在は大浴場、円形劇場、フォーラムのほか、初期キリスト教の教会遺跡が残っている。