• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Parc national de la Salongaコンゴ民主共和国中央部、コンゴ盆地にある同国最大の国立公園。面積は3万6000平方キロメートル。赤道直下に広がる熱帯原生林の保護を目的に、1970年に国立公園に指定された。ボノボボンゴオカピ・コンゴクジャク・センザンコウなどの貴重な動物が生息する。1984年に世界遺産(自然遺産)に登録されたが、付近の人口増加に伴う環境の悪化や密猟などを理由に、1999年、危機遺産リストに登録された。