• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

タイ南東部の都市パタヤにある木造建築。パタヤ湾とナクルア湾の間の小さな岬に位置する。英語で「真理の聖域」を意味する。仏像やヒンドゥー教の神々などの像の精緻な装飾が施された、高さ105メートルの巨大なクメール様式仏教寺院風の建物で、釘は一切使われていない。ある富豪が1981年より建設を始め、その死後も2025年頃の完成を目指して作業が続けられている。