ロシア連邦北西部、フィンランド湾に臨み、ネバ川の河口に位置する同国第2の都市。1703年、ピョートル大帝がロシア帝国の首都として建設。1914年ペトログラードと改称。ロシア革命の中心地で、1918年に首都がモスクワに移され、1924年レニングラードと改称。1991年現名称に復した。造船・機械工業が盛ん。冬宮エルミタージュ美術館イサク聖堂カザン聖堂ペトロパブロフスク要塞などがあり、1990年、「サンクトペテルブルグ歴史地区と関連建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。人口、行政区457万(2008)。サンクトペテルブルク。