Battistero di San Giovanni

イタリア中部、トスカーナ州の都市ピサにあるピサ大聖堂に付属する円筒形の洗礼堂。12世紀半ばから14世紀にかけて建造。下部はロマネスク様式の列柱とアーチで構成され、上部はゴシック様式の尖塔をもつ。内部にはニコラ=ピサーノが彫刻を手がけた説教壇がある。1987年、「ピサのドゥオモ広場」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェ、サンタマリア‐デル‐フィオーレ大聖堂の正面に向かい合うように位置する洗礼堂。11世紀から12世紀にかけて建造されたロマネスク様式の八角形の建物で、北側と東側の門扉にはロレンツォ=ギベルティが手がけた青銅製のレリーフがある。