地図投影法の一。経線は、中央の経線以外は正弦曲線よりなり、緯線は等間隔の平行線となっているもの。赤道および中央経線付近の形は正しく表現されるが、縁辺部は著しくひずむ。フランスのサンソン(N.Sanson)が用いて有名になった。正積図法の一。

[地理/その他の地理の言葉]カテゴリの言葉