Cathédrale Sainte-Croix d'Orléans》フランス中部、ロアレ県の都市オルレアンにある大聖堂。13世紀の創建。16世紀にユグノー戦争で破壊されたが、17世紀から19世紀にかけて再建。フランボワイヤンゴシック様式の傑作として知られる。ジャンヌ=ダルクの生涯を描いたステンドグラスがある。サントクロワ大聖堂。