フランスの首都パリ、セーヌ川のシテ島にある礼拝堂。ルイ9世コンスタンチノープルの皇帝から入手した、キリストが身につけたとされる茨の冠や十字架の木片といった聖遺物を安置するため、1248年に建造された。ゴシック建築の傑作として知られ、窓の全面に施されたステンドグラスは特に名高い。1991年、「パリのセーヌ河岸」の名称で、ノートルダム大聖堂などとともに世界遺産(文化遺産)に登録された。