• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Iglesia de Santo Domingo

ペルーの首都リマの旧市街にある教会。16世紀半ばに建造。スペイン植民地時代の聖者マルティン=デ=ポレスを祭る。隣接する修道院の回廊はセビリア産のタイルで装飾されている。現在は博物館として公開。周辺一帯が、1988年に「リマ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
エクアドルの首都キトの旧市街にあるドミニコ会の教会および修道院。修道院は17世紀初頭に創設、約100年後に教会が建てられた。ロザリオの聖母礼拝堂にある祭壇は、精緻な木彫りと赤や金色の装飾で知られる。博物館を併設。同教会・修道院を含む旧市街は、1978年に「キト市街」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。
ペルー南部の都市クスコの市街中心部にある教会。元はインカ帝国のコリカンチャとよばれる太陽神殿であり、黄金の神像や祭壇があったが、スペイン人により略奪・破壊された。併設する修道院の土台部分に、神殿時代の石組みが残る。
メキシコ南部、オアハカ州の都市オアハカにある教会。16世紀から17世紀にかけて建造。内部は精緻な浮き彫りと金箔による装飾が隙間なく施され、同国におけるバロック様式の傑作の一とされる。1987年、「オアハカ歴史地区とモンテアルバンの古代遺跡」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
メキシコ中東部、プエブラ州の都市プエブラにある教会。旧市街に位置する。17世紀に建造。精緻な浮き彫りと金箔が施されたロサリオ礼拝堂が有名。1987年、「プエブラ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。
メキシコ南東部、チアパス州の町サンクリストバルデラスカサスにある教会。16世紀に建造。17世紀に一面に浮き彫りが施されたバロック様式のファサードが完成した。付属の修道院は同州の先住民の文化や歴史を紹介する博物館になっている。