ドミニカ共和国の首都。同国南部に位置し、カリブ海に面する。1496年、西半球でヨーロッパ人が最初に建設した町として知られる。旧市街にはスペイン植民地時代に築かれたアルカサルデコロンサントドミンゴ大聖堂・国立パンテオン、およびコロンブスの墓があり、1990年に「サントドミンゴの植民都市」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。人口、都市圏91万(2002)。