• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ベルギー西部、エノー州にある運河。ラ‐ルビエールとティウの間を結ぶ。全長約20キロメートル。1888年から1917年にかけて、67メートル高低差を解消するための船舶昇降機が建造。1998年に「ラ‐ルビエールとル‐ルーにあるサントル運河の四つのリフトとその周辺」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。