• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
Cathédrale Saint-Pierre》スイス、ジュネーブの旧市街にある大聖堂。12世紀から13世紀にかけて建造。度重なる改築や増築を経て、ロマネスク様式やゴシック様式が混在した現在の姿になった。宗教改革の指導者、ジャン=カルバンの布教の本拠地としても知られる。地下に考古学資料館、隣接して国際宗教改革博物館がある。
Cathédrale Saint-Pierre de Nates》フランス西部、ロアール‐アトランチック県、ロアール川下流の河港都市ナントにあるゴシック様式の大聖堂。1434年に着工、1891年に完成。ブルターニュ大公フランソワ2世の墓所がある。16世紀フランスの彫刻家ミシェル=コロンブが手がけた装飾は、初期ルネサンス様式の傑作とされる。