チリ北部、アントファガスタ州、アタカマ砂漠にある町。アタカマ文化が栄えていたが、15世紀後半、インカ帝国の侵入により衰退。アタカマ高地への観光拠点として知られる。