• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Parroquia de San Miguel Arcángel》メキシコ中部、グアナフアト州の町サンミゲル‐デ‐アジェンデにある教会。市街中心部に位置する。19世紀にフランチェスコ修道会により建造。ピンク色の砂岩を用いたゴシック様式の教会で、ベルギーからもたらされた絵葉書を元に先住民の石工が設計したため、他の同時代の教会建築とは異なる外観をもつ。2008年に「サンミゲルの要塞都市とヘススナサレノ‐デ‐アトトニルコの聖地」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。