• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

シェーンベルクの解説 - 小学館 大辞泉

[1874~1951]オーストリアの作曲家。後期ロマン派の影響を受け、無調音楽十二音音楽という理論を打ち立てた。1933年、米国へ亡命。作品に「浄められた夜」「月に憑かれたピエロ」など。

シェーンベルクの解説 - SOCKETS人物データベース

オーストリア・ウィーン生まれの作曲家。無調音楽を追究し、十二音技法を体系化したことで知られる。代表作は「ペレアスとメリザンド」、「浄められた夜」、「月に憑かれたピエロ」など。ヴェーヴェルン、ベルクとともに新ウィーン学派と呼ばれる。第二次大戦中に米国に帰化。1951年死去。
出生地
オーストリア・ウィーン
生年月日
1874年9月13日 おとめ座
没年月日
1951年7月13日(享年76歳)
別表記
シェーンベルグ アルノルト・シェーンベルク SCHOENBERG ARNOLD Schoenberg アーノルド・ショウンバーグ

[美術・音楽/音楽家]カテゴリの言葉