Catedrala Evanghelică din Sibiu》ルーマニア中央部の都市シビウの旧市街にあるルーテル派の大聖堂。14世紀から16世紀にかけて、ドイツのザクセン地方からの移住者により建造。高さ70メートル以上の尖塔のほか、バロック様式の祭壇、6000本もの管をもつパイプオルガンがある。シビウ福音教会。