• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

米国の経済学者シャウプ(C.S.Shaoup)を団長とする税制使節団が、昭和24年(1949)と同25年に日本の税制改革に関して出した勧告。直接税中心主義の徹底、地方税独立税とするなどを主な内容とした。