• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ウズベキスタン南東部の都市。サマルカンドの南約80キロメートルに位置する。チムール帝国の創始者チムールの故郷として知られる。15世紀のチムール朝時代にアクサライ宮殿をはじめ多くのモスクや廟 (びょう) が築かれたが、16世紀後半にブハラハン国により破壊され、現在は一部の建造物と遺構だけが見られる。2000年に「シャフリサブス歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録されたが、過度の観光地化により2016年に危機遺産とされた。シャフリサーブス。シャフリサーブズ。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉