• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

黒体からの熱放射(黒体放射)に関する法則。単位面積から単位時間当たりに黒体から放射されるエネルギーの総量は、黒体の温度の4乗に比例するというもの。1879年、オーストリアの物理学者J=シュテファンが実験から見出し、1884年にL=ボルツマンが理論的に導出した。シュテファンボルツマンの放射法則。