• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ブラックホールの実質的な大きさに相当する事象の地平線の半径。ドイツの天文学者カール=シュバルツシルトが、電荷をもたず球対称で回転を伴わない重力場を記述したアインシュタイン方程式の解として導いたもので、その半径rgは、万有引力定数G、天体の質量M、光速度cにより、rg=2GMc2と表される。シュワルツシルト半径。重力半径。