砂と粘土との中間の大きさをもつ砕屑物 (さいせつぶつ) 。地質学では粒径16分の1~256分の1ミリのものをいう。沈泥。

リビア北部の港町。地中海のシルト湾西岸に臨む。中世よりアフリカ北部沿岸の海上交易の要地として知られた。現在は同国有数の石油積み出し港の一つ。カダフィの生地。シルテ。スルト。