• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 交響曲

  1. 17世紀から18世紀にかけて、オペラオラトリオなどの序曲あるいは間奏曲として用いられた。また、演奏会用に作られた独立の器楽曲。

[補説]作品名別項。→シンフォニア

ベリオの管弦楽曲。1968年作曲、翌年改訂。8人の混声重唱をともなう。歌詞に文化人類学者レビ=ストロースの著作やマーラー作曲の交響曲「復活」の歌詞の一部を引用。作者の代表作として知られる。