• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

スリランカ中部の遺跡。ポロンナルワの西約30キロメートル、高さ約180メートルの切り立った岩山に位置する。5世紀、シンハラ王朝のカッサパ1世が父であるダートゥセーナを殺害し、配下の報復を恐れて岩山の頂上に王宮を築いた。その後、仏教徒に寄進され、僧院として使用された。岩山の中腹に描かれた極彩色の女人像が有名。1982年に「古代都市シーギリヤ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉