• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ブータン中部、ブムタン地方の町チャムカルにある城。17世紀半ば、建国の父と称されるシャプトゥン(ガワン=ナムゲル)が建立した寺に起源し、のちに第3代国王により建造。名称は吉祥をもたらす「白い鳥」を意味し、町の名前もジャカルの名でよばれる。